なぎら健壱・眞理ヨシコ所属会社|Brooks Communications

なぎら健壱が所属する芸能プロダクションならBrooks Communications
ブルックス・コミュニケーションズ


なぎら健壱の横顔あくまで予定眞理ヨシコ

LinkIconOWN RISK
なぎら健壱のレギュラーバンド
個人のプレイヤーとしても活躍

LinkIconWhoopee Water Band
ウーピー柳、ウーピー松本、ウーピー雨宮
3人編成の幻のアーティスティックバンド

Infomation

NHK総合テレビ「ごごナマ
毎週木曜日レギュラー出演中LinkIcon番組ホームページ

●エレクトリック・ギター革命史書評LinkIconこちら
●キネヅカ「かっこよく年を重ねたい」前編こちら
キネヅカ「かっこよく年を重ねたい」後編こちら
●FUJI Xeroxグラフィケーション「東京が変わる」こちら
●コラム「これからの人生」LinkIconこちら
●読んで後悔しない活劇小説LinkIconこちら

東京スポーツ新聞「オヤジの寝言」連載中
毎週水曜日夕方配布、木曜日発売の東京スポーツ新聞にコラムを連載中

月刊日本カメラ「ジグザグな日々」連載中
月刊デジタルカメラマガジン酒場の情景」連載中
季刊ビール王国のどごしの町とビール」連載中
コミック思い出食堂バチ当たりの昼間酒」連載中

CM「オリエンタルバイオ
●ラフィーネエパゴールドLinkIconこちら

CM「バイエルクロップサイエンス
●アドマイヤー1粒剤LinkIconこちら

TOKYO吉祥寺
MANDA-LA2
出演・なぎら健壱&OWN RISK
2018年日9月29日sat 18:30open 19:30start 発売中
2018年日10月27日sat 18:30open 19:30start
2018年日11月24日sat 18:30open 19:30start
2018年日12月29日sat 18:30open 19:30start オールリクエスト
前売¥3,000(当日¥3,300)
チケットはライブ終了後に翌月分を販売・電話予約可
会場・Live house MANDA-LA2
インフォメーション0422-42-1579
LinkIcon店の詳細はこちら

YOKOHAMA
THUMBS UP(サムズ・アップ)
出演・なぎら健壱&OWN RISK
2018年日12月8日sat 18:30open 19:30start
前売¥3,000(当日¥3,500)
会場・Live&bar Thumbs Up
インフォメーション045-314-8705
LinkIcon店の詳細はこちら
9月29日(土)よりe+,THUMBS UPにて発売開始
9月29日(土) 16:00~TELのみ (THUMBS UP 045-314-8705)
9月30日(日)~店頭販売、H.P.メール予約開始

http://eplus.jp

画像をクリックすると拡大します

第41回
童謡祭
ゲスト・眞理ヨシコ、大和田りつこ
2018年9月15日 土曜日 13:30開場14:00開演
板橋区立文化会館大ホール 入場料・大人2,000円こども1,000円
LinkIcon公演情報はこちら

 画像をクリックすると拡大します

エプタザールセレクトコンサート第37回
童謡誕生100年・眞理ヨシコ
ピアノ・高橋望
2018年9月30日 日曜日 15:30開場16:00開演
狛江・エプタザール 入場料4,000円(全自由席)
LinkIcon会場の情報はこちら

天水2周年記念
なぎら健壱ライブ!天水
2018年10月7日 日曜日 17:00開場17:45開演
豊橋・ライブハウス天水
LinkIcon公演情報はこちら

画像をクリックすると拡大します

下町情歌part14
なぎら健壱コンサート2018
ゲスト・半田健人
演奏・オウンリスク
(松本典明、雨宮直己、叶沢伸明、鈴木GOBOH)
2018年11月3日 土曜日・祝日 17:30開場18:00開演
亀戸・カメリアホール 入場料4,800円(全指定席)
LinkIcon公演情報はこちら

画像をクリックすると拡大します

平成最後の私の夜長に乾杯だょ〜
なぎら健壱琉球公演
演奏・松本典明(ギター)、雨宮直己(ベース)
2018年11月11日 日曜日 16:00開場17:00開演
沖縄トップノート
入場料前売5,000円、当日5,500円(ドリンク付き)
LinkIcon会場はこちら

画像をクリックすると拡大します

高田渡を語り、歌う
なぎら健壱&高田漣コンサート
2018年12月1日 土曜日 15:00開場16:00開演
岐阜県・北方町生涯学習センターきらり
入場料1500円(全指定席)
北方町生涯学習センター058-320-2200


復刻盤「春歌」
2017年3月29日発売
1974年にカレイドスコープから発売されたLPレコードの
復刻盤、はちみつばいのメンバーらが参加した貴重な1枚。
名盤、遂に初のCD化!
LinkIconグリーンウッドレコーズはこちら
画像をクリックすると拡大します


復刻盤「街の風になって」
2015年11月25日発売
1974年に発売されたURCでの第2作目。
すでにメジャーから作品を発表していたが、
カントリー基調で下町情緒と哀愁を表現する。
浅草でん助劇場の閉幕を惜しむ名曲「四月十日の詩」他を収録。
LinkIconグリーンウッドレコーズはこちら
画像をクリックすると拡大します


N・KEN」
2015年11月4日発売
1970年に18歳で飛び入りで出演した全日本フォークジャンボリー、
あれから45周年を迎えた記念アルバム。
LinkIconルーツはこちら
画像をクリックすると拡大します


風致空地」
2013年4月16日発売
61歳の誕生日に発売されたこのアルバムには、
なぎら健壱の新たな音楽の世界が広がっている。
LinkIconルーツはこちら
画像をクリックすると拡大します

DVD/CD/書籍情報

酒(しゅ)にまじわれば
画像をクリックすると拡大します

酒場のたわごと

酒場エッセイの第一人者、なぎら健壱ファン待望&マニア垂涎のエッセイ集。

実業之日本社
初版発行日 2014年11月11日
定価 1200円+税
ISBNコード978-4-408-33518-6

酒(しゅ)にまじわれば
画像をクリックすると拡大します

町の忘れもの
ちくま新書

変貌が慣れっこになってしまったわたしたちが、心に留めておきたい風景。なつかしいものたち、そのひとつひとつを、写真と文でつづる。

筑摩書房
初版発行日 2012年9月10日
定価 950円+税
ISBNコード978-4-480-06677-0 C0295

町絶滅食堂で逢いましょう
画像をクリックすると拡大します

絶滅食堂で逢いましょう
その弐

前作のその壱が好評につき、月刊「食楽」連載中のコラムをまとめた第2弾。
まだまだ絶滅させたくないお店が満載。懐かしい心地よいお店を求めている人必見の書。

徳間書店
初版発行日 2011年3月31日
定価 1620円(税込)
ISBNコード978-4-19-863142-0

町絶滅食堂で逢いましょう
画像をクリックすると拡大します

絶滅食堂で逢いましょう

"絶滅食堂”とは、いまどきの流行の店でもなければ、カリスマシェフもいない、時代に逆行したマイノリティな店。それゆえ街の人々に深く長く愛されている。誰からも親しまれ、なくてはならない存在のお店のこと。

徳間書店
初版発行日 2008年10月20日
定価 1620円(税込)
ISBNコード978-4-19-862626-6

酒(しゅ)にまじわれば
画像をクリックすると拡大します

町の残像
日本カメラ社

都会はめまぐるしい変化を遂げている。ここにあるのは記録ではない、言ってみれば記憶である。好いものが失われる、それをなくすなと声高に言うつもりなど毛頭ない、ただ寂しいということなのである。現在月刊日本カメラに連載中の「町の残像」から抜粋された一冊。

日本カメラ社
初版発行日 2017年3月20日
定価 2000円+税
ISBNコード978-4-8179-0029-6 C0072

町のうしろ姿
画像をクリックすると拡大します

なぎら健壱の東京自転車

東京の下町から自転車で、ちょっと遠くへ出かけてみよう。町の達人、自転車の達人、写真の達人、なぎら健壱が紹介する、ひと味違った東京ガイド。詳細なルートマップ、著者撮影の写真多数収録。

作品社
発売日 2010年10月30日
定価 1,620円(税込)
ISBN 987-4-86182-294-0

東京のこっちがわ
画像をクリックすると拡大します

2005年なぎら健壱初の写真集
『東京のこっちがわ』

下町をテーマに撮り続けている中から100点以上が東京を語るエッセイと共に掲載。

岳陽舎
初版発行日 2005年9月
定価 2052円(税込)
ISBN 978-4907737719

町のうしろ姿
画像をクリックすると拡大します

2006年写真集第2弾
『町のうしろ姿』 在庫無

東京に唯一残された都電荒川線に乗って、三ノ輪橋から早稲田まで、文字通り「町のうしろ姿」を鮮烈に抒情豊かに表現しています。

岳陽舎
初版発行日 2006年11月
定価 2052円(税込)
ISBN 978-4907737849

LinkIconその他の書籍の紹介